サイトメニュー

伸ばしたいと希望するなら

つけまつげ

需要はこれから増える

長いまつげはそれだけで印象に残りやすくなります。従来であれば、つけまつげをするなどしかありませんでしたが、現在は薬を使って伸ばす方法が存在しています。今のところは、医師の処方が必要な薬になりますので市販で購入できるものではありません。将来的には、多くの人が利用しやすくなるといえます。薬ですので副作用が出ることもあり得ます。まつげを伸ばしたいからといって、無理に使ってはいけません。需要は徐々に増えており、より安全で安い薬が作られる可能性は高いといえます。まつげを伸ばす医薬品はすでに開発されていますが、まだ認知度が低い状態です。美容を専門にしている病院では利用されていますので、まつげを伸ばしやすい環境になっていきます。

医師と相談して使う

まつげに使われる薬は、まつげの量が少ない人に利用されています。あくまでも医療目的で使われていることを忘れてはいけません。目の状態によっては、薬が使えないということもあります。しっかりと、医師または薬剤師に相談しておくことです。承認されている薬を正しく使えば、不足しているまつげを増やすことが可能です。ただし、すぐに生えてくるわけではありません。個人差がありますが、数カ月程度は必要になることが多いです。まつげをいつまでに改善したいかによって、病院に行く時期は変わっていきます。個人輸入をして、薬を手に入れる方法もありますがよほど詳しくない限りはやめておいたほうがいいです。副作用が強く出ることもあり得ますので、医師に確認をとって使えばリスクを減らすことができます。

人気記事

施術

エクステの魅力

まつエクは常に付けっ放しの状態が可能ですから、毎日のメイクの時間を短縮させることが出来ます。出来るだけ長持ちさせるためには目元を擦ったりするのはNGです。刺激を与えないことが長持ちの秘訣でもあります。

詳しく見る

目

目元を魅力的に

まつエクは自分のまつげに人工のまつげを付けることによって長く見せることが出来るアイテムです。エクステの種類もたくさんありますので、自分の理想のまつげを作ることができます。エクステ専用のサロンもありますし、ネットで道具や材料も購入できます。

詳しく見る

ウーマン

愛らしい目元を演出

まつエクは最低でも一か月に一度はメンテナンスをしましょう。まつげが抜けてエクステも取れてしまうとまつげのボリューム感もなくなり、全体的にまばらな印象になってしまいますので、綺麗なまつげを保つにはリペアも必要です。

詳しく見る